ドッグフード「サイエンス・ダイエット」。主原料に鶏肉が使われ、「チキン」「ターキー」と詳細が明記されているところは高く評価


ドッグフード「サイエンス・ダイエット」。主原料に鶏肉が使われ、「チキン」「ターキー」と詳細が明記されているところは高く評価

サイエンス・ダイエット 製品ラインナップ|DogCare|日本ヒルズ・コルゲート株式会社

ドッグフード「サイエンス・ダイエット」のいまいちな口コミ

チャックがついていて密閉性が高いとは思うのですが、私は小袋タイプの方が便利だと感じてしまいました。気に入って食べてくれるようならそれでもリピートしようと思いましたが、あまり食べなかったのでリピートをする予定はありません。

食いつきはとても良いのですが、便と尿のニオイがかなりキツくなってしまいました。ニオイに弱い私はどうしても耐えられないので、残念ですが半分残して捨てることにしました。価格的にも問題なかったので、非常に残念です。

栄養がありそうだったのでこのフードに変えてみたのですが、変えてから目や口の周りを掻くようになってしまいました。どうやらうちの柴犬には何かが合わず、アレルギーが出てしまったようです。可愛そうなことをしてしまいました。

 

ドッグフード「サイエンス・ダイエット」の良い口コミ

Science dietに変えてから、すごくよく食べるようになりました!朝夕にあげているのですが、瞬く間になくなってしまい、ビックリしています。栄養面でも価格面でもバランスが良い商品だと思うので、今後もScience dietをリピートするつもりです。

様々な子犬用のフードを与えてみたのですが、残さずキレイに全部食べてくれたのはこのフードだけでした。小粒でちょうど良いサイズみたいで、カリカリしっかり噛んで食べやすそうです。チャックも便利なので気に入っています!

ネットでも安心できるフードだと評判でしたし、もしうちの犬に合わなくても返金保証付きだから安心できると思って試してみました。私には少し硬いように見えたのですが、カリカリとちゃんと食べていたので安心しました。お腹を壊すなどの問題も全く無いので、リピート予定でいます。

ドッグフード「サイエンス・ダイエット」の評価

ドッグフード「サイエンス・ダイエット」。主原料に鶏肉が使われ、「チキン」「ターキー」と詳細が明記されているところは高く評価

Science dietは食いつきに定評のあるドッグフードです。また、アメリカの獣医師からの支持No.1とアピールされているように、多くの人に利用されているドッグフードでもあります。

 

実際に利用した人からは「様々な子犬用のフードを与えてみたのですが、残さずキレイに全部食べてくれたのはこのフードだけでした「」」「Science dietに変えてから、すごくよく食べるようになりました!」とうれしい声も挙がっています。

 

もちろん個体差はあるため、すべての犬の口に合うわけではありません。中には「気に入って食べてくれるようならそれでもリピートしようと思いましたが、あまり食べなかったのでリピートをする予定はありません」という口コミも寄せられています。

 

また、食いつきを良くするために犬にとっておいしい匂いを工夫しているせいか、人によっては餌による排泄物のにおいの変化が気になることもあるようです。

 

ただし、その場合にもScience dietには「全額返金保証」がついているので安心です。新しくドッグフードを買ってみたいが、自分の愛犬に合うのか不安という人には有り難い保証でしょう。

 

また、アレルギー持ちの子に与えるには注意が必要でしょう。なぜなら、原材料に含まれる「トウモロコシ」はアレルギーを引き起こしやすい食品です。また、中には原材料に含まれる「チキン」にアレルギーを持った子もいます。

 

Science dietでは、着色料や保存料が使われていない点は安心できます。また、〜ミールや〜エキスという表記は、具体的に何が含まれているのかわからないため避けたいところです。サイエンスダイエットの肉類は、主原料の一つにトリ肉が使われ、「チキン」「ターキー」と詳細が明記されているところは高く評価できるポイントです。

 

ただし、「トリ肉エキス」や「ポークエキス」も表記されているため、完全に安心とは言えないでしょう。

 

なお、このドッグフードに限ったことではありませんが、新しいドッグフードに帰る場合には体調に注意を払って、何か変わったことがないが注視することが大切です。実際に「栄養がありそうだったのでこのフードに変えてみたのですが、変えてから目や口の周りを掻くようになってしまいました」という体験をした飼い主さんもいます。

 

サイエンスダイエットの評価(Dさん)

「米国の獣医師が自分のペットのために選ぶNo.1フード」をキャッチコピーに、愛犬に必要な50種類以上もの栄養素がたっぷり、科学的に証明された高レベルの抗酸化成分を含み、高品質な原材料から作られている理想的な栄養バランスのドッグフードと謳う知名度抜群の「Science diet」。

 

口コミでは、「食いつきが良い」「硬さがちょうど良い」「返金保障付きで安心」などの高評価と「便と尿の臭いがきつくなった」「アレルギーが出た」などと評価が分かれていますが、犬の健康面から見てこのドッグフード「Science diet」の原材料と成分はどうなのでしょうか?

 

主原料は?

「Science diet」の原材料を見てみると、一番最初に書かれているのがとうもろこしなので、最も多く含まれている主原料が穀物だということがわかります。他にもコーングルテン、米といった穀物類が含まれています。穀物類は、少量で満腹感を得られるため、ドッグフードでよく使用される原材料ですが、大量に摂取すると消化不良やアレルギーを起こす可能性があります。またとうもろこし、コーングルテンは、多くの犬にとってアレルゲンとなる材料です。
穀類などの炭水化物は、短い腸を持つ犬にとって消化の負担になります。また、穀類は血糖値を急上昇させる原材料であるため、肥満、糖尿病などのリスクがあります。なお、ドッグフードに使われているとうもろこしは遺伝子組み換え作物がほとんどであるため、この点も気になるところです。

 

犬にとって必要な栄養素は?

犬の主食である肉類ですが、この「Science diet」のタンパク質はチキン・ターキーと書かれています。ただし、ミートなのかミールなのか明記されていないため、実際のタンパク質量がどのぐらい含まれているのか不明です。また、トリ肉エキス、ポークエキス、魚油といったどんな鶏や豚、魚のものなのか不明なものが含まれています。これは、犬にとってアレルギー、病気、行動上の問題などの誘因となる可能性があり、危険性の高い原材料が含まれている言えます。

 

食いつきが良くなる成分は?

「Science diet」には、動物性油脂、ピートパルプといった原材料が含まれています。動物性油脂が、原材料の3番目に記載されているので、かなり多く含まれていると感じます。どんな動物の油分なのかが明記されていないことは、消化不良を起こす可能性や肥満、将来的にアレルギーや病気を引き起こす原因となりかねないため、非常に危険な原材料であると考えられます。
犬は、甘くて脂っこいものが大好きなため、食いつきを良くする成分として油分、糖分を添加しているドッグフードが多くあります。「Science diet」の場合、この油分が動物性油脂にあたり、糖分がピートパルプとなります。ピートパルプは、砂糖大根から砂糖を製造した後に残る繊維質がメインの副産物です。安価で大量に作ることが可能で、その上食いつきを良くするための甘味料としてドッグフードによく使われている原材料です。これは、大切な栄養素の効果を弱めるばかりか、たんぱく質、カルシウム、ミネラルの吸収を妨げる原料として知られています。長期間にわたってこのドッグフードを食べ続けると、健康なカラダのバランスをキープできないために肥満、栄養不良をはじめ、アレルギーや攻撃的な性格といった行動上の問題を起こす要因となりかねません。

 

全体として

穀類、油分が多いことからアレルギーや病気などを発症する要因が多く含まれているドッグフードである印象を受けます。また、栄養素というよりは、食いつきを重視した原料構成であるため、口コミの評価通り「食いつき」が良い犬が多いのではないかと感じます。

 

ドッグフード「サイエンス・ダイエット」の原材料

トウモロコシ、トリ肉(チキン、ターキー)、動物性油脂、コーングルテン、トリ肉エキス、ビートパルプ、亜麻仁、魚油、ポークエキス、米、ミネラル類(リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

※代謝エネルギー 383kcal/100g

 

米国の獣医師がNO.1*に推奨 獣医師は、愛犬の健康のエキスパートです。米国 では、科学的に証明された栄養が詰まったヒルズ のサイエンス・ダイエット?を獣医師が推奨して います。 *CM Research社調べ 品質とおいしさにこだわった原材料 愛犬には、栄養バランスはもちろん、おいしさにこだ わったフードを。 チキン、ラム、サーモンなどの自然素材を使用し、高 品質のたんぱく質や科学的に証明された抗酸化成分を配 合。 なお、合成の香料・保存料は使用しておりません。 ヒルズの『満足保証』 ヒルズはあなたの愛犬に安心して、喜んで食べて もらえるよう万全を尽くしています。万一ヒルズ 製品にご満足いただけなかった場合は、製品購入 金額をお返しいたします*。 詳しくはこちら *3.3s以下の製品対象

サイエンス・ダイエット <犬用>|ヒルズペット