ドッグフード「ランミール」。アレルギーを起こしやすいワンちゃんには避けたいドッグフードの種類


ドッグフード「ランミール」。アレルギーを起こしやすいワンちゃんには避けたいドッグフードの種類

ラン・ミール | 日清ペットフード

ドッグフード「ランミール」のいまいちな口コミ

飼い主が思っていたよりも、ランミールの粒は固いようです。うちの犬は噛むことに疲れてしまい、少しですが残してしまいました。次回買うとしたらもう少し柔らかいドッグフードを探してあげたほうが良さそうだと考えています。

いつも原材料を確認してから買うのですが、ラン・ミールは着色料が入っている時点で私的にはアウトでした。着色料はデメリットはあっても、メリットは何も無いと思います。また、他の原材料を見ても、穀類中心で、犬に好ましい原材料で構成されているとは言えないと思います。私は選びませんね。

うちの犬達の体質には合わなかったようで、食べて数時間後に吐いてしまいました。フードが固形のまま出てきたので、体内でうまく消化できなかったようです。少しずつ与えたり、色々工夫してみたものの、やはり嘔吐を繰り返してしまうので、結局ラン・ミールを食べさせることは止めました。

ドッグフード「ランミール」の良い口コミ

ラン・ミールに変えてから、愛犬がごはんの時間を楽しみにしているように感じています。とても食いつきが良いですし、残すこともありません。愛犬の好みにあっているようです。また、私はドッグフードのニオイが苦手だったのですが、ラン・ミールのニオイは他のフードと比べてニオイが良い気がします。

食いつきも良いですし、体調も良好です。また、餌の吸収率が良いようです。他のフードを与えていた時よりも、同じ量を与えているはずなのに排便量が少ないと感じています。高い餌でなくとも、充分優れた餌だと思いますので、ずっとリピートする予定です。

うちの犬はこのフードを気に入ったようで、喜んで食べています。便も硬く、毛並みも良いですし、体調的な問題もありません。国産で安心出来ることと、良心的なお値段ということもありますし、今後も迷わずこのフードを購入しようと思っています。

 

ドッグフード「ランミール」の評価

ワンちゃんの健康を考えてこだわりの材料を使って作られているというイメージのパッケージで、思わず常備食にしようかと考える人も多いドッグフードの一種です。しかしながらランミールの原材料には小麦粉やトウモロコシという穀類が使われています。どうしてもアレルギーを起こしやすいワンちゃんには避けたいドッグフードの種類になってしまいます。

 

大豆ミールやビートパルプは栄養的にワンちゃんにとって、あまり好ましくないものです。原材料の中に様々な穀類が使われていることはアレルギー対策に配慮がないことがわかります。もちろん、それを食べることで何の問題もないワンちゃんにとっては、格安フードで食いつきも良いとなれば、飼い主さん的にも、選んでしまうドッグフードになるわけです。

 

・添加物が多いのも気になる

 

食用とはいえ食用黄色5号・赤色102号・赤色3号などに加えて香料も含まれている点が飼い主としては気になる部分です。ワンちゃんにとって、できるだけ避けたい原材料と添加物が多く含まれているドッグフードだということがわかりました。やはり、合成着色料が使用されている点が非常に気になります。

 

ドッグフード「ランミール」の原材料

穀類(小麦粉/とうもろこし/ホミニーフィード/小麦ふすま/中白糠/コーングルテンミール/脱脂米糠)/肉類(チキンミール/ミートミール/チキンパウダー)/油脂類(動物性油脂)/豆類(大豆ミール)/魚介類(フィッシュミール)/ビートパルプ/オリゴ糖/アルファルファ/パプリカ/ビール酵母/乳類(ミルクパウダー)/グルコサミン/ミネラル類(カルシウム/リン/ナトリウム/塩素/ヨウ素/亜鉛/銅)/ビタミン類(A/D/E/B2/B12/パントテン酸/コリン)/食用黄色5号/食用赤色102号/食用赤色3号/香料/酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

※ラン・ミール ビーフ&バターミルク味

 

 

ラン・ミール ご愛用者さまの声 7歳からの高齢犬用 ビーフ&バターミルク味 よく食べる国産原材料フードの匂い安全・安心 他フードよりも食つきが良いので好みが合っているのだと思います。安全性も心配ないので安心して与える事が出来ます。 (愛知県 岡崎由香さん/ぐーちゃん・14歳・オス・ミニチュアダックス) ビーフ&バターミルク味 よく食べる国産価格健康に良い 子犬の時に食が細くいろいろ試した中から、ランミールが気に入り、それ以来ランミール一筋です。

ラン・ミール ビーフ&バターミルク味 | 日清ペットフード