【アレルギー対策におすすめのドッグフード】 肉アレルギーや皮膚疾患を抱える愛犬を飼っている方に


市販のドッグフードには、牛肉、鶏肉、とうもろこし、小麦が主要な食材として使われています。

 

実は、これらの食材はどれも犬のアレルギーの原因となりやすいのです。

 

具体的には、牛肉・乳製品・鶏肉・小麦・鶏卵・とうもろこしの順でアレルギーの原因になりやすいといわれています。なお、これらの食材は人がアレルギーを起こしやすい食べ物と良く似ている特徴があります。

 

食物アレルギーは食事成分に対するアレルギーになりますが、ヒトの食物アレルギーのようにアナフィラキシーからショック状態になることはかなり稀で、慢性の皮膚炎の症状が多いです。

犬の食物アレルギーの特徴
  • 1歳齢未満で出て来ることが多い。

    最初の症状は1歳未満に表れると言われています。ただし、初発の症状は軽度でわからないことも多く、2,3歳になって症状がひどくなって初めて気づくケースもあります。

  • 季節性がなく年中症状が現れる

    アトピーでは、初期の段階では季節性のある皮膚炎が起こることが多いです。

  • 顔回り・耳・手足の先の赤みや痒みが主な症状
    顔をソファーにこすりつける、耳を掻いたり振ったりする動作が多い、手足の先をずっと舐めてる、顔回りの皮膚の赤みや脱毛などといった症状が多くみられます。

  • 軟便が続くもしくは排便回数が多い
    下痢まで行かなくても便が緩めであったり、排便が1日3回以上あるなどといった消化器症状が出ることがあります。

 

犬の食べ物のアレルギー対策

では、愛犬が食物アレルギーを持っている場合には、どうしたら良いのでしょうか?

 

基本的には、アレルゲンが含まれていない食事を与えればOKです。

 

最近では、犬の食物アレルギーに対応したドッグフードが販売されています。例えば、アレルゲンとなる可能性の高いタンパク質をあらかじめ分解した状態で使用したものや、アレルギー反応を起こしづらいとされる魚・米・豚肉・ジャガイモなどの食材を代替主原料としているものなどがあります。

 

愛犬が食物アレルギーを持っている場合には、ドッグフードの原材料にアレルギーを引き起こすものが入ってないドッグフードを上げましょう。

 

下記に評判の良いアレルギーになりにくい、穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードを紹介します。

 

穀物不使用のグレインフリードッグフード

穀物が入ったドッグフードは数多く売られています。基本的に犬は肉食なので、穀物が入ったドッグフードは消化できず、アレルギーの原因になることが多いです。

 

モグワンドッグフード

モグワンドッグフードは、アレルギー対策におすすめの「穀物不使用のグレインフリードッグフード」です。犬に大事な動物性たんぱく質が50%以上含まれたシンプルで飽きないドッグフードです。「チキンとサーモン」の食いつきの良いという口コミもあります。もちろん安心・安全の無添加です。

【犬の食べ物アレルギー対策】 肉アレルギーや皮膚疾患を抱える愛犬を飼っている方に

ドッグフード「モグワン」の口コミ

他社のベジタリアン用のフードでは愛犬にかゆみが出てしまったのですが、こちらはかゆみがでませんでした!皮膚の状態も良く、便通も問題ありません。体質に合っているようなので、続けて与えようと思います。

アランズナチュラルドッグフード

こちらも穀物不使用のグレインフリードッグフードです。モグワンと同様に人口添加物や着色料、保存料、香料不使用で、食いつきが良いドッグフードとして人気があります。
【犬の食べ物アレルギー対策】 肉アレルギーや皮膚疾患を抱える愛犬を飼っている方に
ドッグフード「アランズナチュラル」の口コミ

お腹の弱い我が家のワンコの便通が改善しました!粒が大きいところがイマイチだと思ったので、水分でふやかして与えています。早くふやけるので意外と手間がかからないように思います。ワンコもちゃんと食べてくれるので嬉しいです。

ドッグフードには、合う・合わないは個体差があり、必ずしも全ての犬に良いドッグフードとは限りません。「口コミが良かったので試しに購入してみましたが、思っていたより食いつきが良くありませんでした。」という人もいますのでまずは購入して試してみるのが良いでしょう。

魚を原材料としたドッグフード

犬は肉食ですが、魚を原材料としたドッグフードもあります。 カロリーが低くて高たんぱくというメリットがありますが、肉と比べて食いつきが悪いのと消化が早いのでお腹がすきやすいのがデメリットです。 フィッシュ4ドッグフードやアカナのぱふぃしかドッグフード、ニュートロのフィッシュファーストなどがあります。

愛犬が肉アレルギーの場合

ヤラー オーガニック ベジタリアンドッグフードは、肉アレルギーの愛犬のために購入する人が多いです。 ヤラーは創業者が皮膚病に悩む愛犬のために作った、世界初のオーガニックフードです。原材料や残留薬物が皮膚疾患を起こすと考え、原材料の栽培・飼育からオーガニックにこだわり、加工時も添加物を使わずにこだわって製造されています。
  • 「他社のベジタリアン用のフードでは愛犬にかゆみが出てしまったのですが、ヤラーのベジタリアンはかゆみがでませんでした!」、
  • 「以前は抜け毛やフケが酷かったのですが、病院からいただいた薬と、このフードをあげて生活しているうちに改善しました。」
というような、皮膚疾患の改善が見られたという声もあります。 しかし、オーガニック自体は非常に良いものではありますが、原材料自体には注意が必要です。 ヤラーの原材料は、穀物がメインとして配合されています。基本的に穀物は犬の身体には合わず、消化不良を起こしやすいといわれています。特にヤラーに含まれているトウモロコシ・小麦といった穀物は、アレルギーを起こしやすいともいわれているので、注意が必要なのです。つまり、穀類を食べても全く問題ない犬にとっては「オーガニックで質の良い原材料が入っている」と評価することもできますが、穀類で消化不良を起こす犬や、アレルギー体質の犬にとっては「危険な原材料が入っている」と評価できます。いくらオーガニックで質が良くても原材料自体が犬に合わなければ健康を害するので、初めて与える際はアレルギーが出ないかしっかりチェックしておきましょう。 そして、穀物がメインであるため、粗たんぱく質の低さも懸念されます。オーガニック原材料は魅力的ですが、栄養面では特別評価が高いとはいえないでしょう。

ドッグフード「ヤラー オーガニック」の口コミ

肉アレルギー・動物性食材アレルギーが疑われる愛犬用に、こちらのフードを購入しました。以前は抜け毛やフケが酷かったのですが、病院からいただいた薬と、このフードをあげて生活しているうちに改善しました。コストがかかるのですが、確実にリピートします。

柴犬

食物アレルギーはある程度、年齢や症状、経過から診断することが多いですが、最近では血液検査によるアレルギー検査の精度が上がってきており、数万円と少し高額ではありますが、信頼性の高い検査になってきています。高額な検査代金をかける価値のある検査です。

 

 

アレルギーの血液検査

現在では血液検査でどの食物抗原に反応しているかを調べることができます。どのアレルゲンに反応を起こしているか明確になれば、対策も講じやすいので便利だといえます。

 

血液検査に抵抗があるなど、他にアレルゲンを判断する方法を探している場合には、自分で見分けることも可能です。具体的な方法としては、なるべく単一のメニューを長期間(例えば12週間)与え続けます。アレルギー症状が改善したかもしくは悪化したかで、その食材にアレルギーを起こしているかどうかを判断するのです。

 

しかしながら、アレルギーの診断は単純ではありません。血液検査が陽性となったからといって、必ずしもアレルギーが原因とは限らないのです。まずは、アレルギー以外の痒みの原因(細菌や真菌、寄生虫などの感染症等)の可能性を順に排除していくところから始まります。ワンちゃんの様子からアレルギーが疑われる際には、まずは、かかりつけの動物病院に相談してみましょう。