【コーギーを飼う】つぶらな瞳・ピンとした大きな耳・短い手足

【コーギーを飼う】つぶらな瞳・ピンとした大きな耳・短い手足

コーギーの性格

コーギーは、好奇心旺盛でやんちゃな性格です。牧羊犬として活躍してきた歴史があルため、勇敢な一面も持っています。興奮しやすく、噛み付く習性があるため、小さい時からのしつけが重要になってきます。この習慣は牧畜犬の名残りとも言われています。自立心や自己判断能力にも優れているので、とても賢い犬種と言えます。食べることがとても好きな犬種なので、太りすぎないよう食生活や毎日の運動にも気を配ることが必要です。

「コーギー」はどんな人におすすめ?

コーギーは、初心者にはとても難しい犬種です。とても賢く、相手を観察し信頼に値するかどうか見極める力があるため、しつけに慣れていないビギナーがでは言う事をあまり聞いてもらえず、手こずっているケースが多発しています。好奇心旺盛で、やんちゃなため運動量が他の犬種より多いことも特徴です。コーギーは北方スピッツ系のため、寒さ対策の毛がしっかりしています。日本では室内で飼う場合一年中気温が大きく変動しないため、毛を蓄えておく必要性がなく抜け毛が増えてしまいます。そのため、コーギーを飼うには性格、体力ともにタフな人に向いています。
原産国 イギリス・ウェールズ
犬のサイズ 体高25~30cm・体重8?18kg
かかりやすい病気 頚椎椎間板ヘルニア ・股関節形成不全 ・てんかん ・急性湿性皮膚炎・膿皮症

「コーギー」の3つの特徴

POINT

  1. 好奇心旺盛でイタズラっこがなコーギー
  2. 社交的で人を喜ばせることを好む優しい一面も
  3. 観察力に優れ、賢く従順なコーギー

「コーギー」の特徴1

もともと牧羊犬として活躍してきた犬種なので、飼い主をリーダーと認めると忠実に言うことを聞くようになります。非常に活発で好奇心がお多いため、意図せずイタズラな行動をおこしてしまいがちな面も持ち合わせています。そのため、コーギーの目が届く場所には壊れやすいものを置かないなどの注意が必要です。また、興奮しすぎると飼い主の足に噛みついてしまう習性があるので、注意してしつけをする必要があります。

「コーギー」の特徴2

やんちゃながらも優しい性格なコーギーは、飼い主に対しては忠実で深い愛情を示してくれます。また社交的な一面も持ち合わせているため、他の人やペットとも仲良くなれる特徴があります。基本的に明るく愛情表現豊かなので、遊ぶ姿を見ているだけで癒されます。甘え上手で、優しさが魅力的な犬種です。

「コーギー」の特徴3

コーギーは、牧羊犬として牧場や農場などで牛や羊の番をしていたために、警戒心が強く、番犬としての性質も持ち合わせているのが特徴としてあげられます。飼い主に対して従順で頭がいい分、規則を守ろうとする意識が強く、曲がった事が嫌いな性格も持ち合わせています。首尾一貫して入ればしつけはいたって楽ですが、賢いため扱いにくいという一面も持ち合わせています。

「コーギー」の飼育について

コーギーは子犬のうちに成長と合わせた健康管理としつけがメインとなります。吠えグセや噛みつきもしやすい犬種なので、子犬の時にアマガミからやめさせるようなしつけを行うと効果的です。かんでもいいおもちゃなどを用意するといいでしょう。噛み癖の治し方は、怒るより、噛むのをやめたら思いっきり褒めてあげたほうが効果的です。コーギーは賢いので、このような学習方法をさせることで、やっていいことや悪いことを学ぶ傾向があります。

非常に活発で運動量も多いため、毎日朝と夕方に一回ずつ一時間程度の散歩が必要になります。運動量が少ないと、非常にストレスを感じやすくなり、過のストレスや寂しさから吠えたり噛むといった問題行動を起こしてしまいますので注意が必要です。太くて硬い『オーバーコート』と『アンダーコート』からなるダブルコートの毛質を持ち合わせたコーギーは日々のブラッシングが必要になります。これを怠ってしまうと、皮膚病などに感染する恐れがあります。

「コーギー」を飼ってる人の口コミまとめ

基本は、飼いやすく可愛い表情豊かな犬です。大型犬のような気質が有り、幼少期のしつけは、非常に重要です。運動量は、多い犬種ですが、外出となると素晴らしい伴侶です。食欲旺盛なせいか食べ物欲しさにしつけは基本的に簡単で、お手、お代わり、伏せは生後2ヶ月でできるようになりました。散歩はリードの引っ張り癖がありましたが、引っ張ったら立ち止まるを繰り返す内に治り、1歳くらいでリード無しで散歩ができるようになります。 ぬいぐるみやおもちゃを使ってよく遊美ますが、ぬいぐるみを奪うのにフェイントをかけたり顔に飛びかかってひるんだ隙に奪ったり、頭を使ってくるので一緒に楽しく遊ぶことができます。小さなお子さんがいる家庭、また初心者の方にも十分飼える程度の飼いやすさで、頭がよく愛嬌もあり愛される犬です。

コーギーは賢いですが攻撃性、凶暴性が強く、躾ができないと大変な犬種で、よく犬のサークル内でも暴れています。また賢さがずる賢くなることも多くありで、人が見てないとコントロールできないところもあります。 噛みつきぐせがきついので、しつけで直るかが心配です。牧畜犬だったために背中を見せたほとんどの人に足を噛むという習性があります。全体的に神経質な気風の犬種なので、吠えグセを重点的にしつけしないと成犬になってからが大変となります。 また、非常に興奮しやすく落ち着きがないので何かあるとこまめに注意は必要です。毛質は非常に抜けやすいため、ブラッシングを毎日したり掃除の回数が増え非常に手がかかることも特徴です。

【コーギーを飼う】つぶらな瞳・ピンとした大きな耳・短い手足記事一覧

コーギーのミックスは、多種多様で「パグ*コーギーやシーズー*コーギー、チワワ*コーギー」などたくさんいます。オーガニックにもこだわった、消化にもいいグレインフリーのドッグフードがおすすめです。穀物入りのドッグフードはアレルギーを起こしやすく、消化にも時間がかかるためお腹の調子が悪くなってしまうことも。特に野菜などをそのまま入れたドッグフードも見かけますが、犬は野菜そのままの形だとを消化できないので...