犬のアレルギーの種類。皮膚炎や食べ物アレルギーの予防と対策

犬のアレルギーの仕組みとは?どんな種類があるの?

私たち人間だけではなく、犬にもウイルスや細菌等の病原体の侵入から体を守る「免疫」の機能が備わっています。免疫はそもそも体にとって有害な物質を取り除くための大切な反応です。

 

しかし、免疫が過剰に発動し、本来無害なはずの食べ物や花粉、ほこりなどにまで反応して、自分自身を傷つけてしまうことがあります。この免疫が過剰反応した状態を「アレルギー」と呼び、アレルギーの原因となるものを「アレルゲン」と呼びます。犬のアレルギーには、アレルゲン(原因物質)によって大きく以下の3種類に分けられます。

 

@アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、人間の病気としても聞きなれたものだといえます。これはもともとアレルギーを起こしやすい体質のワンちゃんや、皮膚の自己保護機能が弱いワンちゃんに多く見られます。ハウスダストやホコリ、花粉など空気中に一般的に含まれる環境アレルゲンが原因となります。

 

A食物アレルギー

通常、食べ物に対しては、免疫反応を起こさずに栄養源として消化・吸収することができます。しかし、免疫反応を調整する仕組みに問題があったり、消化・吸収機能が未熟だったりすると、本来無害な(有益な)食べ物を異物として認識してしまうことがあります。この誤反応によって起こるアレルギー反応が「食物アレルギー」です。

 

どんな食材に対しても、過敏反応を引き起こす可能性はありますが、主にタンパク質や炭水化物に対して反応が生じやすいと言われています。
食べ物を食べると、腸から吸収されたアレルゲンが血液を介して全身に運ばれるため、眼・鼻・のど・肺・皮膚・腸などさまざまな部位で症状が現われます。

 

Bノミアレルギー

ノミアレルギーは、犬の体表面に寄生したノミの唾液や体の一部に対して、アレルギー反応を起こすことで発症します。ノミに何度も刺された経験をきっかけに発症しやすくなります。一度、アレルギーを発症した犬は、その後、ノミに寄生される度にアレルギー性皮膚炎を生じるようになることが多いようです。

 

このようにアレルゲンにはさまざまな種類があります。今回は、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎についてさらに詳しく解説します。

 

アレルギーの症状とは?診断と具体的な対策について

食物アレルギーでは、顔(眼・口の周り)、肛門周囲、わきの下、背中、手足の先の痒みや皮膚炎、および外耳炎、慢性的で繰り返す下痢や嘔吐が見られます。例えば、次のような症状や行動が見られたら注意が必要です。

  • フケが出る
  • 抜け毛が多く、ハゲができる
  • 下痢や嘔吐をする
  • 顔や耳の内側、目の周り、口周り、股の内側などが赤くなっている
  • 体の一部を舐めたり噛んだりする

なお、一般的には皮膚症状を伴うことが多いですが、ワンチャンによっては皮膚症状がなく、下痢・軟便、嘔吐が長引くという症状だけの時もあります。アトピー性皮膚炎でも、食物アレルギーとよく似た皮膚症状が見られます。一点、大きく異なるのは、アトピー性皮膚炎では背中に症状が出ることはまずないということです。ただし、疑われる症状が出たら自己判断せずに、早めに獣医師の診察を受けることが重要です。正しい診断と治療がワンちゃんの快適な暮らしに繋がります。

 

食べ物に関するアレルギー

食物中の主にタンパク質に対する過剰な免疫反応によって皮膚の痒み、下痢、嘔吐、などの症状が起きることをいいます。

 

 

皮膚に関するアレルギー

アトピー性皮膚炎の発症には遺伝的要因が大きく関係していると考えられています。皮膚炎を発症しやすい犬種としては、柴犬、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、シーズー、ゴールデンレトリーバー、ヨークシャーテリア、ビーグル、ラブラドールレトリーバー、シェットランドシープドッグ、マルチーズなどが挙げられます。
比較的若齢期に発症することがほとんどで、約70%が3歳以下、約85%が5歳以下で発症するというデータがあります。アトピー性皮膚炎の症状は主に痒みで、目の周り、口の周り、耳、脇の下、内股、肛門の周り、手足の先が痒くなることが多いとされています。
掻く行動によって引っ掻き傷ができたり、湿疹が出てきたりすることがあります。また、慢性化しやすく、その場合、皮膚が分厚くなったり、色素沈着したりします。

 

犬のアレルギーの種類。皮膚炎や食べ物アレルギーの予防と対策記事一覧

市販のドッグフードには、牛肉、鶏肉、とうもろこし、小麦が主要な食材として使われています。実は、これらの食材はどれも犬のアレルギーの原因となりやすいのです。具体的には、牛肉・乳製品・鶏肉・小麦・鶏卵・とうもろこしの順でアレルギーの原因になりやすいといわれています。なお、これらの食材は人がアレルギーを起こしやすい食べ物と良く似ている特徴があります。食物アレルギーは食事成分に対するアレルギーになりますが...

犬の病気で何が多いかご存知でしょうか。外耳炎・外耳道炎その他の皮膚炎その他の皮膚疾患膿皮症胃腸炎15.6%7.8%6.5%6.2%5.5%第1〜3位の病気はすべてアレルギー疾患が関係することの多い病気です。アレルギー以外にも寄生虫や細菌、脂漏症(皮膚の脂が多い体質)、ホルモン疾患なども原因となることが多いですが、皮膚病の多くではアレルギー疾患に伴う皮膚が弱い体質が原因になってきます。さらに第4位の...