【柴犬を飼う】忠実で従順、勇敢で行動的な日本の犬

【柴犬を飼う】忠実で従順、勇敢で行動的な日本の犬

柴犬の性格

素朴で利口、頑固な面も持ち合わせている柴犬ですが、飼い主にとても忠実でいつも自身に満ちています。賢い犬種なので、しつけを怠ると生業できなくなるので注意が必要になります。
鋭い感覚を持ち合わせているため、番犬としても非常に優秀です。小さなものを追いかける傾向が強く、いつも走り回っている姿がよく見られます。

 

「柴犬」はどんな人におすすめ?

柴犬は忠誠心が強く自分が心から信頼を寄せることのできる強い飼い主を好みます。

 

友達や相棒として仲良く接したいという飼い主にはあまりお勧めできません。
また、柴犬は他の犬より上下関係を重んじる傾向が強いため、飼い主より自分が上だというように見られてしまうと、いうことを聞かないわがままな子に育ってしまうため、注意が必要です。

原産国 日本
犬のサイズ 体高33~43cm・体重6~11kg
かかりやすい病気 皮膚疾患 ・中心性進行性網膜萎縮 ・膝蓋骨脱臼 ・股関節形成不全

「柴犬」の3つの特徴

POINT

  1. 愛嬌のある瞳ながらプライドの高い柴犬
  2. 独立心が強い頑固者それでも飼い主には忠実
  3. 縄張り意識が強く活発で運動大好き

「柴犬」の特徴1

柴犬は可愛らしい丸い目をもち、童顔であるためついつい構ってしまいますが、プライドが高くあまり人から触られる行動を好まない子が多いと言われています。
しつけの上で、最低限人から触られるということに慣れさせる必要はあります。必要以上に触られるとストレスが溜まってしまうため注意が必要です。

「柴犬」の特徴2

柴犬は小さくてもキツイ性格な上独立心が強いため、飼い主以外の見知らぬ人や犬には警戒して思いっきり吠える傾向があります。

 

しつけをししっかりと信頼関係を結べば飼い主に対し忠実かつ従順に接してくれるのも特徴の一つです。犬によって性格は違いますが、頑固で負けんぎな性質も持ち合わせているため、接し方に注意が必要となります。

「柴犬」の特徴3

柴犬は活動的な犬種でかなりの運動量が必要となります。毎日十分な運動をしていないとストレスが溜まり室内で静かにできないという特徴があります。

 

また、好奇心旺盛な性格も持ち合わせていることから、たくさん遊ぶことや散歩することなど一緒に過ごす時間を確保する必要があります。縄張り意識が強いため、見知らぬ人に対しては距離を置く傾向があります。

「柴犬」の飼育について

小型犬の柴犬はバランスの良い体つきをしています。荒く、硬い短毛であるため、手入れは比較的に簡単です。毎日、硬めのブラシでブラッシングをするなどして手入れは必要となります。

 

ただし、換毛期は皮膚病を未然に防ぐためにも入念な手入れが必要となります。換毛期には月一回程度の入浴が必要となります。通常は、体臭が期になる時や、被毛にベタつきが見られた時だけで十分です。シャンプーを使用せずに、ぬるま湯で全身を濡らして蒸すような方法を取るといいです。入浴後はタオルで拭き、ドライヤーで乾かします。

 

また骨密度が比較的高いことが特徴で、見た目以上に体重が重い場合があります。体重の変化が大きい場合は肥満が考えられるので、食事管理に注意が必要です。小型犬の中でも筋肉量が多いため、タンパク質の摂取が必要となります。タンパク質の摂取が少なくなると、元気が無くなったり、毛にも影響が出てくるので注意が必要です。活発な性質なため、毎日十分な運動をさせてあげることが必要です。長めの散歩をしたり、広々とした野外で十分遊ばせたりすることで、ストレスが溜まりにくくなります。

「柴犬」を飼ってる人の口コミまとめ

愛嬌のある顔で忠誠心が強く長生きする柴犬

丸いたぬきタイプの顔で目がぱっちりの可愛い顔の柴犬ですが独立心が強く、クールな性格の子が多いのもこの犬種です。 そのため、ベタベタと甘えてくることはほとんどありません。家族にはとても忠実で、言うことを聞いてくれる優しい愛犬となります。トイレのしつけに手がかからず、お庭番としてもちゃんと働いてくれます。 好き嫌いがはっきりしており嫌いな人となると言う事も聞かないといった頑固な面も出てきます。また、愛嬌のある顔にさらに知的な部分も持ち合わせているため、しつけのしがいがあります。 注意したいのが、上下関係をはっきりと認識させることです。また日本風土にあった犬種なのであまり病気をしなく、長生きをします。

頑固者で抜け毛が多く、掃除が大変

柴犬の毛は抜け替わり時期になるとたくさん抜けるため、毛を集めて柴犬専用の枕も作れてしまうほどです。 床だけでなく、ソファーや布団、服、テーブルといった至る所に毛がつくので、こまめな掃除ができる人に向いています。 柴犬はお散歩へ連れていかないとエネルギーが余ってしまうのか、室内で何往復もしたり大暴走したり、夜なかなか寝付かなかったりします。天候が暴風雨だったりしない限りは、お散歩を欠かさないことをおすすめします。日本の風土にあった犬種なのであまり病気の心配も入らないでしょう。ですが、健康を維持するためにバランスの取れた食事を与える事も大切です。犬の成長や健康によっても異なりますが、成犬の場合は一日2回ドッグフードを与えます。 頑固すぎて、自分勝手な行動をとる傾向が強い子もいるのがこの犬種です。

【柴犬を飼う】忠実で従順、勇敢で行動的な日本の犬記事一覧